• ホーム
  • 性器ヘルペスの感染経路は何?なぜ感染する?

性器ヘルペスの感染経路は何?なぜ感染する?

2019年11月10日
男性を診ている医者

性器ヘルペス感染症は一度感染をしてしまうと、症状が治まっても体の中にウイルスは残っている状態で、再発を繰り返してしまう厄介な感染症です。

主な感染経路はオーラルセックスやアナルセックスであり、オーラルセックスの場合は口の中の粘膜に潰瘍や水泡ができるので別名口唇ヘルペスと言います。アナルセックスをした場合も肛門付近にヘルペスウイルスが付き、水泡ができてやがて破れて潰瘍ができてしまうことが多いです。

ですが、性器ヘルペス感染症の原因でもあるヘルペスウイルスは、こういった性行為などの感染経路の他に、日常生活においても感染してしまうことがあります。まず、男性に多いのですが、排尿する際に病変が出ている部分をさ触ることがあり、病変を触ることで手に病原菌が付き、さらにその手でほかの部分を触ると発症してしまいます。これを接触感染と呼びますが、意外と接触感染でうつることは多いです。

接触感染の場合、性行為をしていなくても皮膚に異変が起き、粘膜に潰瘍ができたりしてしまうので大人だけでなく子供も感染してしまう危険性があります。もう一つの感染経路である飛沫感染においては、口腔内にヘルペスウイルスがある場合、その唾液が飛ぶことによって飛沫感染をするリスクがあります。

ヘルペスウイルスの厄介な部分は、性行為をしていなくても簡単に感染するところで、感染した手で触ったタオルや浴用の椅子、便座や食器といったものにも付着しています。ただ、これらのものについた場合持続してウイルスの力を保つことはできないため、洗濯や食器洗いをすると感染能力は失われてしまいます。もし発疹が皮膚にできているようであれば、タオルの共有は避けたほうが良いでしょう。

ヘルペスウイルスの場合風邪や過労、ストレスがきっかけで再発することも多く時差や深酒をしてしまった時も再発する可能性が高いです。再発は最初の時よりも症状は軽いので、いつものように生活をしてしまいますが、実はウイルスは出ているので、人への感染能力は高いといえます。ですので、ほかの人に感染させないためにも日常生活を整えて、体を丈夫にしておく必要があります。

なお、皮膚に症状が出ている時は感染しませんが、潰瘍や水泡が出ている場合は感染するリスクが高くなります。これは潰瘍などからウイルスが飛びだし皮膚で活動しているからです。かさぶたになるまでは性交などをしないようにし、清潔を保つようにしてください。

関連記事
性器ヘルペスを治す方法はバルトレックスを使うこと!

性器ヘルペスを治すには、抗生物質を利用してウイルス自体を取り除かなくてはなりません。主に使用されることの多い、バルトレックスはバラシクロビルを主成分とした薬で、帯状疱疹や単純疱疹の治療として使われています。病院での処方の他、ネット通販サイトでバルトレックスを購入する方法もあり、手軽に入手することがで...

2019年11月08日
【珍事】野外音楽フェスのコーチェラ・フェスティバル後にヘルペス患者が増えた!

コーチェラ・フェスティバルは野外音楽フェスのことで、フジロックと並んで大変有名なアーティストが多数参加するとても規模の大きな野外フェスの一つです。フジロックフェスティバルでは起こらなかったのですが、コーチェラ・フェスティバルが南カリフォルニアが会場になった年はなぜかヘルペスに感染する人が急増し、コー...

2019年11月17日
性器ヘルペスなどの性病を防ぐにはコンドームの着用を!

不特定多数の人とコンドームなどの避妊具を使用しないで性行為を行った場合、様々な性病に感染することがあります。その性病に代表されるのが性器ヘルペスで、性器ヘルペスはオーラルセックスをした場合は口の周りに水疱ができやすく、肛門で行った場合は肛門の周辺に水疱ができることがあります。多くは性器のあたりにむず...

2019年11月13日