• ホーム
  • 【珍事】野外音楽フェスのコーチェラ・フェスティバル後にヘルペス患者が増えた!

【珍事】野外音楽フェスのコーチェラ・フェスティバル後にヘルペス患者が増えた!

2019年11月17日
薬を飲む男性

コーチェラ・フェスティバルは野外音楽フェスのことで、フジロックと並んで大変有名なアーティストが多数参加するとても規模の大きな野外フェスの一つです。フジロックフェスティバルでは起こらなかったのですが、コーチェラ・フェスティバルが南カリフォルニアが会場になった年はなぜかヘルペスに感染する人が急増し、コーチェラ・フェスティバルの最初の2日間でなんと250人がヘルペスウイルスに感染しました。そして開催期間中合わせると1105人がヘルペスウイルスに感染しており、特にロサンゼルスやサンディエゴ、コーチュラバレーなどの地域の患者の数が急増してしまったのです。

ヘルペスウイルスが会場周辺で発生してしまったのは、自由な雰囲気な中、カップル同士がキスや性行為をしたり、会場周辺でナンパが起こり、不特定多数の人と、キスや性行為をすることが多かったと考えられています。カップルであればパートナーがヘルペスウイルスに感染しているかどうかがわかり、気を付けることで未然に防ぐことができるのですが、ナンパの場合はそれに気が付かず、ヘルペスウイルスを持っている人と濃密な関係になったことで発症してしまいました。そしてさらに感染したことに気が付かず、その人の唾液から飛沫感染が起こり、拡大していったのです。コーチェラ・フェスティバルとは全く関係のないところで起こったことであり、自由で開放的な雰囲気によって引き起こされた事件となっています。

この時に使用されたのはアメリカATDが開発したハープアラートと呼ばれる診断アプリです。この診断アプリを用いて調べたところ、すでに1週目が開催されてから急激に増加をし、通常であれば1日12人であるのに、たった2日間で20倍以上にも増えてしまいました。このハープアラートは症状が出ていると疑われる部分の写真を送ることで医師が診断を下してくれる、というものであり、医師の診断があるため抗ウイルス薬の処方もできるのです。そのためり患する人は徐々に減ってはいきましたが、このように不特定多数の人が出入りする場所では、簡単に単純ヘルぺスに感染してしまう結果が生じます。ヘルペスに感染しているという自覚があればよいのですが、潜伏期間が2日から1週間であるため気が付かずにさまざまな行動をすることでいろいろな人に移してしまうので、症状が出ている場合はもとより、パートナーが感染している場合も不特定多数の場所にはいかない方が良いのです。

人が集まる場所ではどうしてもこういった珍事がおこります。単純ヘルペスウイルスは重症化することもあるので、無防備な行為は避けた方が良いといえます。

関連記事
性器ヘルペスを治す方法はバルトレックスを使うこと!

性器ヘルペスを治すには、抗生物質を利用してウイルス自体を取り除かなくてはなりません。主に使用されることの多い、バルトレックスはバラシクロビルを主成分とした薬で、帯状疱疹や単純疱疹の治療として使われています。病院での処方の他、ネット通販サイトでバルトレックスを購入する方法もあり、手軽に入手することがで...

2019年11月08日
性器ヘルペスなどの性病を防ぐにはコンドームの着用を!

不特定多数の人とコンドームなどの避妊具を使用しないで性行為を行った場合、様々な性病に感染することがあります。その性病に代表されるのが性器ヘルペスで、性器ヘルペスはオーラルセックスをした場合は口の周りに水疱ができやすく、肛門で行った場合は肛門の周辺に水疱ができることがあります。多くは性器のあたりにむず...

2019年11月13日
性器ヘルペスの感染経路は何?なぜ感染する?

性器ヘルペス感染症は一度感染をしてしまうと、症状が治まっても体の中にウイルスは残っている状態で、再発を繰り返してしまう厄介な感染症です。主な感染経路はオーラルセックスやアナルセックスであり、オーラルセックスの場合は口の中の粘膜に潰瘍や水泡ができるので別名口唇ヘルペスと言います。アナルセックスをした場...

2019年11月10日